顎ニキビって嫌ですよね〜

投稿日:

ポツンでも嫌なのに、だんだん増えてもくるし。化粧ノリも悪くなるし、体にできたなら隠せるけど顔では隠しようもない。恥ずかしくて、外出するのも億劫になったりしちゃいますよね。

顎ニキビのプロセス

若い頃のニキビはTゾーンと呼ばれるひたいや鼻の周りにできてませんでしたか?

大人になってからは顎にできやすくないですか?

若い頃のニキビと大人になってできるニキビは、同じニキビであっても、できる過程のプロセスがちょっと違います。

若い頃のニキビには
成長ホルモン
の関わりが深いと言われています。

成長期ゆえにホルモンが、活発に皮脂線を刺激し過剰に皮脂を分泌。

それがニキビの原因となります。

そう言えば若い頃って、あぶらとり紙が手放せなかったかも。

一方の顎ニキビは複合的な原因でできます。

肌の状態、不規則な生活、紫外線、ストレス、食生活。

それらが複雑に絡み合って、顎ニキビをつくっています。

また顎には皮脂腺が多く、また男性ホルモンの影響を受けやすいんです。

毛は女性ホルモンでは?と思いませんでした?

鼻から下の毛は男性ホルモンが関係してます。

顎はひげが生えますからね。

男性ホルモンは皮脂腺を活発にさせてしまう働きがあるので、皮脂の分泌を盛んにしてしまうのです。

皮脂の分泌が盛んになれば、アクネ菌は喜んで繁殖し顎ニキビを作りますよね。

また女性はひげが生えないので毛穴が開いてない分、男性より皮脂が詰まりやすいそうです。

きゃ〜怖いですね。

不規則な生活・紫外線・ストレス

不規則な生活も、顎ニキビの原因に挙げられてます。

仕事や夜の付き合いにパソコンやスマホなど、どうしても夜型の生活になりがちですよね。
仕事と家事の両立してたりすると、一通り終わったら0時過ぎてたりもしばしばでしょう。

睡眠不足は肌荒れを起こし、肌荒れが起きれば肌の新陳代謝の周期も乱れ、ニキビのできやすい環境にしてしまいます。

最後は角質(皮膚の表面)になる肌の細胞は、22時〜2時に活発に代謝するそうですから、なるたけその時間にはいい睡眠をとるようにしたいですね。

顔をテカテカさせる顔の油である皮脂には、とても大切な役割があります。

皮脂は汗と混じり皮膚の表面を覆う皮脂膜を作り、保湿、保護、雑菌の役割を担っています。

この皮脂が何らかの事情で皮脂腺から過剰に分泌すると毛穴が詰まります。

ニキビの原因のアクネ菌は皮脂が大好物ですから、どんどんと繁殖します。

繁殖の過程で皮脂を分解し酸化させニキビを悪化させてしまいます。

改善には余分な皮脂を洗顔で洗い流して、乱れた肌を健康にしなくてはなりません。

また必要な皮脂を取り過ぎても、肌は皮脂の分泌を活発にさせます。

バリア機能も低下してしまうので、少しの刺激でもニキビの悪化に繋がってしまいます。

紫外線は肌を乾燥させますから肌にとってもよくないですが、ニキビにとってもよくないのです。

アクネ菌は好物の皮脂を食べてポルフィリンを産みます。(産みというと綺麗ですが排出物です)

このポルフィリンは紫外線と結びつくと活性酸素となり、肌に悪さを働きます。

肌の老化やしみやしわ、ニキビの悪化も。

しっかり日焼け止めを塗り、洗顔や保湿で対策をとりたいですね。

自律神経は交感神経と副交感神経で構成されていて、バランスよく交互に働いてくれますが、ストレスなどによりバランスが狂うと新陳代謝の周期の乱れ、ホルモンのバランスを崩したりします。

ホルモンが崩れ、男性ホルモンの分泌が活発になれば、皮脂分泌も活発になりニキビができやすい環境を作ってしまうのです。

ストレスは目に見えないので難しいですが、ストレスを受けても発散できるように対策はたてたいところですね。

刺激・食生活

顎の肌は薄いですから刺激にも元々弱いです。

大して刺激していないつもりでも、十分に負荷をかけてしまったりします。

そこから雑菌が入り、ニキビになってしまう場合もありますからご注意ください。

特に男性はひげを剃ったりなどで、肌への負担を女性以上に与えていますので、注意が必要でしょう。

食生活もまたニキビ改善には、深い関わりがあります。

肌が荒れるのは、体の不調が原因の場合もありますよね。

例えば便秘とかしていると、肌も調子悪かったりしませんか?

ニキビ改善に良い食べ物、悪い食べ物はありますが、やはりバランスよく食べるのが一番大切ですよね。

その上でなるたけニキビ改善にいい食べ物を摂取し、悪い食べ物を控えるればいいのではないかと。

ただし、ニキビに悪いからといってドーナツが好物なのに我慢をすれば、今度はストレスになります。

自分へのご褒美として食べたりはいいと思いますよ。
でもいつもは2個だったらそこは1個にしましょうね。

まとめ

顎ニキビの原因は複雑極まりないですが、よく見てみると健康であれば予防できますね。

ちゃんと睡眠をとり、うまくストレスを発散し、バランスのいい食事をする。

文字にするのは簡単ですが、実際に実行するとなるとけっこう大変かもしれません。

まずは自分でできる1つのことから、初めてみるのがいいかもしれませんね。

-顎ニキビって嫌ですよね〜

Copyright© メルライン口コミ , 2018 AllRights Reserved.