美容皮膚科の治療法

投稿日:

たかがニキビとあなどるなかれ。 ニキビは尋常性痤瘡という立派な皮膚病の1つです。洗顔や保湿などで、できたり消えたりならばいいですが、どんどん増えていたり酷くなるようなら、ニキビ跡ができて後悔する前に、美容皮膚科など専門の先生の力を借りましょう。

皮膚科・ピーリング

ニキビ治療の中心は
塗り薬になります。

効能としては殺菌作用、角質軟化、角質除去効果、ニキビの炎症、あかみを抑える、メラニン抑制、保湿

ニキビの原因になる、とされるものの抑制が網羅されてますね。

最後の保湿は、皮脂分泌を抑えるのに有効とされるもの。

ニキビ治療には、
ケミカルピーリング
という方法もあります。

美容器械などを使用するのかと思いきや、塗り薬を使用した治療でした。

化学薬品を皮膚に塗り、古くなった角質を剥がし、肌を活性化します。

細胞の新陳代謝が自然に行ってくれるけど、何らかの事情でできず、溜まった角質を綺麗にし、健康な肌に近づける助けをするんですね。

ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌により毛穴に角栓が詰まり、炎症を起こしてできるもの。

肌の状態をよくし毛穴の詰まりを解消するのは、ニキビの改善が期待でしますね。

ただ化学薬品の調合が個々違うので、お医者さんとの念密な打ち合わせが不可欠です。

塗り薬での改善があまり感じられない場合は、一度先生に相談してみるのもいいかもしれません。

イオン導入・LED治療・高周波治療

イオン導入器は美容器械として、ネットショップでも売っていて人気のアイテム。

肌の表面は酸性(+)ですが、肌のすぐ内側はアルカリ性(−)です。

(+)と(−)ですので、表面と内側には電流の膜ができ、その膜が美容成分の浸透を妨げているとか。

イオン導入は肌の表面と内側を中性にし、肌の奥まで美容成分を浸透させます。

普通に美容成分を、顔に塗布するよりも効果は数十倍だとか。

ニキビに関してはニキビ跡に効果のある美容成分を、肌の奥に届けられるので改善が期待されます。

ビタミンC誘導体は、ニキビ跡の赤みや茶色っぽい色素沈殿に、プラセンタエキスは、軽度のクレーター状のニキビ跡に有効だとか。

手軽に購入できるイオン導入器は、微弱だとはいえ電流を流すので、肌に刺激を与えているのは確か。

肌が弱っているからこそ、ニキビができてしまっているのですから、家庭で試す前に医師へ相談することをお勧めします。

また家庭用イオン導入器よりも医療用の方が効果が高いそうなので、そういった意味でも医師に相談してみた方がいいでしょう。

新しいニキビ治療として注目を浴びているのがLED治療です。

あの照明などで活躍しているLED(発光ダイオード)を治療で使うなんて、想像できなかったですよね。

光の色によって効果は異なり、

青色LEDはアクネ菌の殺傷・抑制、皮脂腺の収縮、表皮の再生。

赤色LEDは抗炎作用、コラーゲンの生成、促進。

だとか。

まだまだ新しい技術らしく、効果の程は未知数。

LED治療のみでニキビの治療をするのではなく、補助的にしてみるのがいいかもしれないですね。

顎は皮脂腺の多い場所で、肌が乾燥していると判断すると、肌を守るために皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなります。

この時、実は皮脂腺も巨大化しているのはご存知でしたか?

そんな巨大化した皮脂腺に直接働きかけるのが、高周波治療(皮脂腺熱却療法)です。

アグネスという器械で、毛穴の中で巨大化した皮脂腺を熱で焼きます。

焼くのはあくまで巨大化した皮脂腺のみですから、治療後に乾燥したりなどの後遺症にはなりません。

この治療方は、顎ニキビが酷い人にはいいかもしれません。

ニキビ圧出・コスメ

ニキビができると、無意識に触って潰したりした経験は、誰にでもありますよね。

自分で潰すと皮膚が破れてしまい、ニキビ跡が残ってしまった人もいるのではないでしょうか。

このニキビを潰す行為を、皮膚科でもおこなってくれます。

それがニキビ圧出です。

決して医師がニキビを手で潰すのではないので、安心してください。

まずニキビに針などで穴を開け、専門器具でニキビの中の皮脂や膿をだし、ニキビの治りを早くします。

予防にはなりませんが、ニキビを早く治したい事情がある場合には、いいかもしれません。

また家庭でもできる方法ですが、衛生面を考えると医師に任せた方が安心ではないでしょうか。

重篤になったニキビに直接注射するニキビ注射という治療があります。

肌の奥まで傷つける可能性のある炎症を起こしている
場合に施します。

あくまで応急処置ですから、繰り返すニキビの改善にはなりません。

こうはならないように、早めにニキビケアをしたいですね。

ニキビに効果のあるコスメもたくさんありますね。

ありすぎて悩ましいくらいです。

かかせないのは、

ビタミンC誘導体
坑炎症成分
保湿

です。

色々試して自分に合うものを探したい ですね。

まとめ

美容皮膚科での加療にも色々種類がありますね。

中には高額な治療費になるものもありますので、事前調査は徹底的にしましょう。

個人によってニキビの状態も違いますから、自分に合った治療を探してくださいね。

でも医師のお世話にならないに越したことはありません。

セルフケアで改善できるうちにしっかり対策をしましょう。

-美容皮膚科の治療法

Copyright© メルライン口コミ , 2018 AllRights Reserved.