顎ニキビの改善について真剣に考えてみる

投稿日:

ニキビってできたことないのよね。って人。世の中にはいるんです。思春期にはニキビの一つや二つ誰でもできたりしますよね?それすらもないって人が。 今や大人ニキビの何らかの理由で悩んだ、気になった人が80%を超えている時代にです。元々の肌質がいいのが一番の原因でしょうけど、羨ましい限り。でも普通の肌質であってもポイントさえ守れば、大人ニキビの改善や予防は十分に可能なんです。

洗顔と保湿は「基本のき・ほ」

・洗顔

これはもうオールマイティ。

ハリや弾力、しわやしみの改善にしても洗顔は「基本のき」 です。

目的は余分な皮脂や角質、ホコリ、汗などの除去です。

洗顔料を泡あわにして洗います。

目や顎の周りの皮膚は薄くデリケートなので、ゴシゴシ洗うとダメージを与えてしまうことも。

優しくマッサージするように洗いましょう。

同じく顔の水気を拭くのもゴシゴシしないで下さいね。

皮膚表面を綺麗にし、医療部外品や皮膚科で処方された医薬品などを浸透させやすくします。

顔のテカテカ、ベタベタが気になるからと、1日何度も洗う のもよくないです。

必要な皮脂までも洗い流してしまい、肌の守りが弱くなってしまいます。

またデリケートな部分のある顔の肌には、刺激の強い洗顔料は避けたいですね。

・ 保湿

保湿は肌のセルフケアの
「基本のほ」
です。

ニキビは余分な皮脂を養分に、アクネ菌が繁殖して、皮膚にポツンと現れます。

余分な皮脂で脂性肌になってるのに更に保湿?ニキビが増えるだけでしょ?

って思いますよね?

目視では脂性肌に見えても、肌の内部は乾燥してる場合があります。

肌の内部が乾燥すると、皮膚を守ろうする働きが活発になり、皮脂の分泌を促進させてします。

すると見た目は脂性肌、しかし肌の中は乾燥している状態、インナードライ になってしまいます。

その為、肌の内部の乾燥を改善する必要があり、保湿するのが一番の近道なのです。

保湿化粧水の重ね塗りなど色々試してみて、自分にあった保湿をして下さいね。

ストレス社会では規則正しい生活も難しい

・規則正しい生活

仕事に家事に、女子会にママ友会などなど。
時間に追われて、気付けば2時過ぎになってた。

なんてこと、日常茶飯事にありますよね。

肌の新陳代謝は22時〜2時に特に活発に なります。

素晴らしい時間帯 です。この時間帯に寝ないなんてもったいないです。

なるたけこの時間帯には就寝するように心掛けましょう。

肌の新陳代謝の乱れは、肌荒れにも繋がってしまいます。

肌が荒れれば過剰な皮脂の分泌に繋がり、ニキビのできやすい環境にもなりやすいので、特に大人ニキビで悩んでる人は、寝る時間を意識してみましょう。

寝るのが下手な人は、パソコンやスマホは寝る1時間前にはやめて、神経を休めるといい睡眠をとれるかもしれません。

・ストレスをためない

ストレス社会の今、まったくストレスのない生活を送っている人はいないと思います。

ストレスに弱い、強い体質もあるかもしれませんが、ストレス発散が上手な人っていますよね。

ストレス発散が上手な人を観察してると、適度な運動をしていたり、熱中できる趣味をもっていたり、仕事とプライベートのメリハリが上手だなって気づきました。

また、ストレスに弱い人はドカ食いして更にストレスをためこんだり。

とにかく発散の仕方が下手くそ。

ストレスと顎ニキビ。

一見何の関係もないようで、深い関係があるのです。

ストレスをためると、自律神経が乱れ、
ホルモンバランス
も乱れます。

ホルモンバランスが乱れれば肌荒れに繋がり、アクネ菌の増殖を許しニキビができたり増えたりしてしまいます。

適度な運動や趣味をすぐに行うのが無理な方は、まず笑う、泣くから始めてみてはいかがでしょうか。

深呼吸などもストレス発散にいいそうですよ。

お肌の天敵紫外線

・紫外線対策

お肌の天敵、紫外線。

利点は思い浮かばなかったりします?

いえいえ、紫外線は悪いとこばかりじゃなくて、皮膚でビタミンDを生成してくれたりするんです。

また日照時間が少ない地域では、日照時間が長い地域に比べて、鬱病の発生率が高いのだとか。

お肌には天敵でもたまには日光浴するのも、悪くはないかもですね。

しかし紫外線が、お肌の天敵なのも確か。

やはり
日焼け止め
などでしっかり対策をとりましょう。

また日焼け止めを塗ったら、洗顔にも気を使いましょうね。

・直接的な刺激の軽減

顔にニキビやおできができたときって無意識に触ったりしませんか?

これってニキビやおできには、凄く良くないことなんです。

外部からの刺激に肌が反応し、肌の表面の角質層を厚くして しまいます。

確かに毎日(ではない人もいるかも)ヒゲを剃り、肌に刺激を与えている男性は、女性の肌より硬かったりしますよね。

角質層が厚くなれば、正常な状態にしようと皮脂の分泌を促しますから、アクネ菌にはたまらない環境へなってしまいます。

ニキビができたり、増えたりするの当然ですよね。

ホントに無意識に、ニキビやおできを触ってしまうのは分かります。

触っているうちに傷つけて治りを遅くしてしまう可能性もあるので、意識して触らないようにしましょう。

・バランスのいい食事

1日に20〜30品目を摂取。

厳しいですね。

働いていると、どうしても外食する機会が多いしって言うのは、言い訳ですね。

顎ニキビにいい食べ物は、食物繊維、ビタミン、亜鉛。

顎ニキビに悪い食べ物は、油分の多いもの、海藻類、刺激物、糖分の多いもの。

1日に20〜30品目の摂取は無理でも、意識してニキビに良い食べ物の摂取、悪い食べ物は控えるのはできますよね?

意識することで、食生活は変わってくるかもしれません。

まずは意識してみましょうね。

まとめ

身体の外側にできるイボやニキビ、オデキなどは、身体の中で毒素が溜まり、身体の外側に異物として現れるのかな?と漠然と思っていました。

ニキビが現れる過程を考えるとあながち間違いではないかも。

と思えます。

となるとニキビが出来るのは、身体からの危険信号になりますね。(ちょっと大袈裟ですけど)

実行できることから、ニキビを改善する為に取り組んで欲しいですよね。

洗顔、保湿、十分な睡眠。

この3つだけでもかなり効果が期待 できますよ。

-顎ニキビの改善について

Copyright© メルライン口コミ , 2018 AllRights Reserved.